家づくりへの想い
住まいは家族が幸福に暮らすための「器」です。

人間も自然界の仲間だからこそ、環境と調和した住まいは人にも
心地よいのです。「森の中にいるように思い切り深呼吸できる場所
であってほしい」それが私たちの家づくりへの願いです。健康で安心、
安全な住まいを通して住む人が幸福でありますよう、日本の風土
から生まれた伝統工法と、県産材や自然素材へのこだわりによって
安心を創造し、家族が幸福に集う、信頼の「器」を提供します。
自然素材について 環境にも優しい住まい
群馬の気候条件に合う木材を使うことによって、家と環境の一体感を持つことができます。そして、自然素材を使うことが人にも環境にもやさしい絶対条件であり、それが林藤ハウジングの基本姿勢です。

できるだけ化学物質を使わず自然素材で建てた家は、住む人の体だけではなく地球環境にも優しい。たとえ朽ち果てても自然を破壊することなく大地に還っていきます。これが、廃棄物をゼロにする「ゼロエミッション」の考え方です。さらに樹木や緑の活用、太陽光など自然エネルギーの利用、通風計画、パッシブな空間づくりによって、省エネ性能の高い住まいを追求しています。
●サスティナブルハウジング
化学物質の入ったものはなるべく使わず、自然素材で建てた家は、たとえ朽ち果てても自然を破壊することなく大地に還ってきます。(ゼロ・エミッションの提唱)

●心が癒やされる木の家
木の香り、木の肌触り、木の素朴な音、木のぬくもり、それらがそこで暮らす人々の五感を高め、感性を高め、子どもたちも心豊かに育っていきます。

●林藤ハウジングのこだわりのマテリアル
  杉、唐松、ひのき等の無垢板
  シロアリの嫌いな特殊断熱材
  自然塗料
  有機畳(わら床)
  炭の特徴を生かした素材
  漆喰、珪藻土、エコクロス
伝統工法について
金物の使用をできるだけ控え、継ぎ手の技法を生かす職人の手で「木の特性を活かして自然素材を自然のままに」仕上げています。いずれは「大地」に還る自然素材。環境への負荷を抑え環境との共生を図る上でも伝統工法での施工を大切にしたいと考えています。現在でも、伝統工法の知恵や工夫を取り入れた「伝統木造」による建設は、社寺、数奇屋、民家においてなされています。
性能・機能もハイスペックな住まい
25 年以上前にいち早く高断熱・高気密住宅の探求を始め、室内の温熱環境や耐久性にも大きく影響する基礎断熱にも取り組んできました。さらに、耐震性や省エネルギー性能、温熱・空気環境などの面でも高水準を実現し、吹き抜けや天窓を採り入れることで、採光性を高め、快適な空間づくりをしています。

▶高崎市K 邸
▶高崎市U 邸

植物等による日射遮蔽対策
住まいは家の中の環境だけでなく、周辺環境との共生を考えることで快適に過ごすことができます。日射遮蔽対策をすることで以下のメリットがあります。

ヒートアイランド現象を緩和してくれる。
植物が紫外線をカット。また、周辺から気化熱を奪うので温度が下がり涼しくなる。
壁面からの熱の侵入を抑えることで室内温度の上昇を防ぎ、冷房効果を高める(夏)。
落葉樹を植えることによって夏の日差しをカットし、冬の日差しは採り込める。緑のいやし効果も。
庭の輻射熱は芝、植物などで和らげることができる。
すだれ、よしず等で日射を防ぐ

森林ボランティアについて
森林は私たちの家づくりと深く関わりがあります。資源の再生・循環、地球温暖化防止の一助となるべく、群馬県高山村と協定を締結し、2008 年より「森林ボランティア in 高山」を開始しました。以降毎年春と秋の年3 回、森林ボランティア活動を通して温暖化防止に少しでも役立てればと取り組んでおります。
(3.3ha の森林整備と山桜を植樹し、さらに10ha 以上の森の整備も手掛けています)

補助金について
林藤ハウジングでは少しでも皆様のお役に立てるよう補助金制度等を積極的に利用しております。お気軽にご相談下さい。
お客様の声 補助金・助成金について
電話受付時間 / 9:00 ~ 17:00
(日・祝日は除く)
〒371-0036 群馬県前橋市敷島町248-9TEL.027-234-4060 (代)FAX.027-233-3696
Copyright © 2016 株式会社林藤ハウジング All rights reserved.